2016年09月

昭和測器株式会社のブログ
去年のカテゴリーⅡに引き続き今年はカテゴリーⅢ
を6月に受講、受験しました。

8月に発表がありおかげさまで合格することができました。
当社からは他に4名がカテゴリーⅡに合格することができました。

この資格は回転機械の振動を計測することで機械の状態監視、精密診断や
バランス修正等の対策を行い機械のメンテナンスに役立てるというもの。
機械のメンテナンスのための振動計測の知識が体系的に学べますので
振動計測についての知識を得たい、という方にはお勧めです。

実は私は高校までは理系だったのですが、数学、物理で挫折し文系の
大学に進んだという経緯があり、数学、物理には苦い思い出があります。
今回のカテゴリーⅢの試験はかなり専門的な数学、物理の知識が必要とのことで
ちょっとした数学、物理へのリベンジという感じもありました。

ところで、人間の能力を最大限に引き出すための技法として
フォトリーディング、ダイレクトラーニングといった技法があるのをご存知でしょうか?

フォトリーディングは本の後方1m程のところに目の焦点を合わせて周辺視野で
本を読みます。1ページ1,2秒の高速でページをめくっていき、顕在意識ではなく
潜在意識領域に本の情報を入れていきます。
文字を読むのではなく、単にパラパラとめくっていきます。
ダイレクトラーニングは学習したい分野の本を5冊程選んでフォトリーディングする
というものです。潜在意識下での行動に変化がでてくるらしいです。
というようなことをしばらく朝早起きしてやっていました。

実際に、講習が始まると内容の難しさと講義のスピードに追われ、
出社前に近くの喫茶店で退社後はファミレスで、という具合に
顕在意識下での通常の勉強もかなり追い上げでやりました。

最終的にはフォトリーディング、ダイレクトラーニングがどのくらい効いたのかは
よくわかりませんが、とりあえず合格できてほっとしています。

今後は学んだ知識をお客様の課題に対する適切な提案に活かせるようになれば
と思っています。

営業部
谷口 了太

IMG_6480.jpg





 | Copyright © 振動計測の日々 All rights reserved. |  Next

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ