2015年08月

昭和測器株式会社のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑い日が続いております。
営業部の山田です。

さて、昭和測器の振動計は日本国内のみならず、海外でも活躍しています。
10年前、20年前と比べると海外ユーザーが占める割合は大幅に増えています。
今回はそんな海外向けでお問い合わせの多い内容についてのQ&Aです。


Q 振動計を海外へ持ち出したいのですが。
A 輸出貿易管理令により非該当証明書が必要になる場合がありますので、下記のURLから申請書をダウンロードのうえご連絡ください。
http://www.showasokki.co.jp/qa/qa_01.html#q3

Q 振動計はCEマークに適合していますか?
A 最もスタンダードなポータブル振動計「デジバイブロ MODEL-1332B」はCEマークに適合しています。その他の製品については現在のところ非対応です。

Q 海外で振動計を入手する方法は?
A 現地の計測器取扱ディーラー、特に日系の商社へご相談ください。また、ホームページのお問合せフォームからご連絡いただければ、現地の代理店や日本の輸出代理店をご紹介いたします。

Q 英語の資料がほしい。
A 弊社ホームページの下記URLから英文カタログをダウンロードできます。
http://www.showasokki.co.jp/e-cata/index.html


その他ご不明点やご質問がありましたら、ぜひ営業部へお問い合わせください。
スポンサーサイト

 | Copyright © 振動計測の日々 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。