2015年07月

こんにちは。営業部の鵜飼です。

最近の夏は、私が子供のころに比べて、暑くなったような気がします。
そこで、約40年前からの毎年の最高気温を調べて、各10年間での平均を比べてみました。

その結果、
1971~1980年では34.9度、
1981~1990年では35.0度、
1991~2000年では36.4度、
2001~2010年では36.5度、
2011~2015年では36.6度(5年分)
でした。

約40年前と比べると、1.7度の上昇でした。
確かに、暑くなっていました。
このままだと、2050年頃には平均で約38度になってしまいそうです。

そして、その原因は、温暖化やヒートアイランドなど言われていますが、どれが本当なのでしょう?
多分、かかわりの大小はあるとは思いますが、言われている理由の全部なのではないのでしょうか?

そして、我々は、できること(エアコンの設定温度を1度上げるなど)をやっていかないと、
更に暑い夏をむかえるなる破目になりそうです。

そこで、当社の振動計で、回転機械などの保全などを行い、
エコにつなげるのも、できる協力の一つなのではと思いました。

 | Copyright © 振動計測の日々 All rights reserved. |  Next

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ