2015年06月

営業部、谷口です。
実は先日久しぶりに研修と試験を受けました。

ISO機械状態監視振動技術者(振動)カテゴリーⅡの研修と試験です。

日本機械学会が認定している訓練機関で教育訓練を受講し認証試験を
受験し資格認定を受けるというものです。

6/16~19、25~26の6日間が教育訓練日、6/27が試験日でした。

高校2年の時に理系を選び、すぐさま三角関数で挫折、文系に転向しました。
従ってこういう理系の勉強を真面目にやるのは初めてだったかもしれません。
皮肉にも振動は三角関数が多いんです…。
加速度、速度、変位の変換は角速度ω=2πfを除したり乗じたりしつつ計算します。
またロータのバランス修正もベクトルの合成を使うので余弦定理等が使えたほうが
便利です。

振動計メーカーに勤めているので計測器についてはわかるのですが、
機械それぞれのことはやはり素人、様々な機械がその特性で多様な振動を
発生させる構造と理論について詳しく学ばせていただきました。
振動センサや振動計を販売する上で、お客様が知っている知識をこちらも深く
理解しておくということは重要だなと痛感しました。

まずは、訓練機関の終了証明書はいただきました。
試験結果の方は8/24に発表の予定です。
私にしては珍しく、帰宅後も(ビールを飲みつつ)勉強しました。
悔いのない所までやったつもりです。あとは天命を待つのみ、という感じです。

尚、約2週間、ご対応が遅れてしまいましたお客様にはお詫びをしたいと思います。
申し訳ありませんでした。
また今回、研修をしていただいた講師、関係者の方々や一緒に勉強した受験者の
方々、不在の間仕事のフォローをしてくれた会社の仲間に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

カテゴリーⅡ終了証明書_谷口






 | Copyright © 振動計測の日々 All rights reserved. |  Next

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ