2014年10月

昭和測器株式会社のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年くらい前から止まっていた時計、そろそろ電池交換しようと思い、
時計屋さんに預けてきました。

しばらくして、担当の方から電話がかかってきて、
「液漏れをしているので、分解掃除が必要です。メーカーにお願いするので
33,000円の費用と時間も少々かかりますがどうなさいますか?」とのこと。

簡単に「3万円」というけれど・・。

その場は即答できず、「ちょっと考えさせてください。」と電話を切り、
早速、ヨドバシカメラでリサーチ。

33,000円も出せばいろんな時計があるんだな、うなぎも食べれるしな、
ちょっと足せば最新のテレビも買える値段だな、、余計に悩んでしまいました。
気軽に電池交換のつもりが、こんなことになるとは・・。

この時計に愛着はあるけれど、33,000円の修理代、、んーー。。
悩んで悩んで、結局最後は家族の一声。 「直したほうがいいよ。」

これで、ようやく気持ちが決まりました。
そうだ、直して永く使おう、今までよりもっと大切に扱おう。
そうすれば元も取れるかな、と。

しばらくして戻ってきた時計は、磨きがかけられ、まるで新品みたい。
これなら納得。
今日も左手につけています。


でも、時間はほとんど携帯で見てしまいます、、。


               営業部F
スポンサーサイト

 | Copyright © 振動計測の日々 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。