2014年07月

昭和測器株式会社のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツオについて思う

営業部のSです。
先日、ある店で大変に美味しいカツオを食べました。刺し身の中でも、私はカツオが大好きです。マグロに比べてさっぱりしていて、いくらでも食べられます。

カツオは初夏になると日本列島を北上し始めます。5月~6月に四国沖から北上し始めた頃に、初ガツオと呼ばれ珍重されます。その頃のカツオはさっぱりしていて、最もカツオの持ち味が出ていると、私には思われます。
7月、8月になるとさらに北上し、最盛期になります。9月には宮城沖から南下を初め、脂の乗った戻りガツオとなります。これもまた、新鮮な物に出会えば、たまらなく旨いものです。

カツオの食べ方ですが、新鮮なものはワサビ醤油が旨いです。定番は生姜ですが、非常に鮮度が良い場合は、イカなどもそうですが、ワサビがとても旨いです。試して下さい。辛子醤油でカツオを食べる地方もあります。

カツオのたたきは、皮つきのものを、稲ワラで焼きます。ワラを使うことがみそです。ワラは猛烈な火力で直ぐに焦げ目がつくことと、一番大事なことは、煙で燻製香が付くことです。これが、ガス火にはない特徴で、本場のものを取り寄せて食べましたが、最高に旨いです。ねぎ、大葉、生姜、ニンニクなどと一緒にポン酢醤油で食べます。

カツオは主に太平洋沖で捕れます。ところが時折、日本海側に入り込むものがあります。私は、それを聞いて、氷見へ行ったときに、地元の魚屋で探しました。小ぶりで、さっぱりしていて、まさにカツオという、とても旨いものでした。これが、知る人ぞ知るという、氷見の「迷いガツオ」です。

遠州には「もちカツオ」というものがあります。御前崎は、漁場が近く、新鮮なカツオが多く上がります。その中でも特別良いカツオで、しかも、死後硬直する前のものを「もちカツオ」と言います。これは、現地でしか食べられません。そのうち是非食べたいと思っています。死後硬直する前の魚は、以前鯵を食べましたが、身に弾力があり、これはもう最高です。


スポンサーサイト

 | Copyright © 振動計測の日々 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。